パンからの贈り物 in Shanghai

  上海でのパン作り、日々格闘中・・・ 中国料理もタマに有り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


日本はお盆の帰省ラッシュが始まっている頃でしょうか?
上海では日本のようなお盆休み等は無いので、至って通常生活でっす。

しかしながら、この時期無性に食べたくなるのが「お団子」
日本では美味しいお団子が沢山売っていたので、不自由しなかったなぁ・・・
上海にもある事はあるけど、アノ美味しさとは程遠い~
団子大好きだった亡き父を偲び、こりゃ作らねば!と・・・

餡子は先日作成済み。
後は日本のような上新粉探し・・・
あった、あったよぉ~それらしき品(クリックで拡大)
dango1.jpg

でもね、この粉100%で捏ね、40分蒸して再び捏ねようとしたら、
こんなカチンコチンになっちゃってて全く手に負えないっ(汗)
日本の上新粉であればこんな事にならないハズ・・・
danndo2.jpg

チッ!仕方なく、再度作り直しとする
今度は日本の白玉粉のような粉(糯米粉)と50%づつ使用してみた。
すると、まぁ~綺麗にやわらかくまとまったわよん!
dando3.jpg

生地を棒状に伸ばしカットしていく。
dango4.jpg

串に刺しフライパン(網)で焼き目を付ける。
dango5.jpg

日本の感覚が通用しないのは、「上新粉」お前もかっ!と、
またまたムカついてはしまいましたが、食べてみるとウマウマーだったので、
今回も許すとしときましょ。(爆)

あれれー
亡き父にお供えするハズだったのに、オットも相当パクつき、
気付いたら「みたらし団子」1本しか残ってなかったよぉぉお~

父上様、相変わらずこんな親不孝娘でゴメンナサイ。
ま、元気でやってますから引き続き見守っててちょ!


↓覚え書きのレシピはこちら~♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。