パンからの贈り物 in Shanghai

  上海でのパン作り、日々格闘中・・・ 中国料理もタマに有り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
nutella1.jpg


ここ上海では、パン・製菓材料の類はショボイものしか売っておりません。
質の良い強力粉も無いんです・・・トホホ
欧米人向けスーパーで売っている、高価な強力粉であっても、
日本の粉と比較すると雲泥の差・・・
パン生地に折り込む「チョコシート」なんて、夢のまた夢~

そこで、今回は我が家のパンの友「nutella」チョコスプレットを
生地に折り込んでみました~この「nutella」巷で凄く人気があるんですよ。
チョコ好きにはたまらないと思います♪
なんせ、超甘くてナッツ系のコクがありますからね~
上海では小さいサイズが18元(1元=約13円)くらいで購入できます。

nutella3s.jpg


でもでも、このやわやわスプレットをパン生地に折り込むのは
暑さも影響して、キツイ作業でした・・・(汗)
日本の「チョコシート」は素晴らすぃ~ですね!

ま、なんとか騙し騙し作ってはみたものの・・・
う~ん、やっぱり専用チョコシートには適いませんです。ハイ!

無い物ねだりはいけませぬぅ~(耐)
悔しいので、何か別の策も考えたいと思うgouなのであります。
スポンサーサイト
buriossyu3kore.jpg


上海のパン屋さんでは、全くと言っていい程見かけない「ブリオッシュ」
5☆ホテルにあるくらいですかね・・・
その5☆ホテルのパンでさえも、味が一定してない事が多いんです。
美味しい時もあれば、発酵過多でイースト臭プンプン~
なんて日常茶飯事・・・
価格は日本とそう変わらないんですけど(怒)

なので、自分で作ります「ブリオッシュ・ア・テット」
頭がポコンと出ているのが可愛いですよね。
バターの多い生地なので、生地温度が上がらぬよう注意です。
今回はイーストを極力抑え、冷蔵庫内で6時間低温発酵させました~

へっぽこ電気オーブンではあっても、
焼きたてのブリオッシュは最高に美味しいです~
クラム(内相)もフカフカ且つしっとりで、バターが効いてます。
クロワッサン並に入っているバター。
すでに3個パクリ~
そろそろ止めておかねば・・・(汗)
nikuman2.jpg


肉包子(肉まん)作りました~
今回は脂身の多い肉餡だったので、とっても「ジューシー」
包子の皮を薄目にしたので、ジューシーな肉餡が表面から
見え隠れしています~

神楽坂五十番の「肉まん」が大好きなgouではありますが、
上海で習得した「肉包子」全然負けてないですよー

老後は「肉包子」の屋台でも開店しよっかなぁぁあ!!
と、ちょっと真剣に考えるgouなのであります・・・
gurirusando.jpg


先日焼いたカンパーニュで作る「グリル野菜サンド」

カンパーニュにクリームチーズをダップリ塗って、グリルした野菜をサンド。
更にターキーのハムも追加し、すっごいボリューム!!

顎をはずしそうになりながらも、全部まとめて食べるオット・・・

「もう若くないんだからさぁ、ゆっくり行こうよぉぉぉ~」
と、思うgouなのであります。
kanpanyu.jpg

上海に来てから、カンパーニュはトンとご無沙汰だったので
多分2年振り??くらいで作ってみた。
無謀にもへっぽこ電気オーブンで・・・

日本に住んでいた頃は、自分で焼くよりもこだわりパン屋さんの
カンパーニュを食べ比べする事の方が好きだった。
なんせ、作るのに時間かかりますからね「カンパーニュ」

自家製酵母からおこすのであれば、完成までに一週間以上は費やします。
その分、もっちりと風味も最高に良いですけどね!
gouは「梨」の酵母が一番好きなのですが、こちら上海では
野菜・果物の残留農薬が強烈らしく、恐ろしくて作れません(泣)
なので、今回は「ライ麦」の発酵種を用いてみることに。

へっぽこ電気オーブン故「蒸気焼成」が無理なので、
生地にスプレーのみで我慢我慢・・・(うっストレス!)

ま、そんなこんなでも何とか焼きあがりました~ふぅ(汗)
焼きたてよりも2~3日経った方が美味しいパンです。

上海のパン業界レベルはまだまだ・・・
唸るパン屋などありえません!!
日本のパン職人さん達は勉強熱心でハイレベルですよ~
不満は多々ありますが「だったら自分で作ろうじゃんかよぉー」と、
少し前向きになったgouなのであります・・・
pandienowa.jpg


ウィーン生まれのフランス育ちの食卓パンです。

フランスパン用中力粉の使用なので、ちょっとドッシリ感があります。

ガスオーブンであれば、一気に綺麗な焼き目がつくのですが・・・
何分へっぽこ仕様電気オーブンの為、この辺で諦めました。

35cm程の長さなので、短い間隔のクープ入れは疲れる作業。
パウンド型をゴソゴソ出し、ちょっとズルをする(汗)

あぁ、中力粉を使用するのであれば、やはり、
「フランスパンを焼きたい~~~」
残念ながら、我が家のへっぽこ電気オーブンでは撃沈(大泣)

ガウガウガウゥゥゥーーー
今後の戦略を練らねば!!
gouVSへっぽことの戦いの日々は続くのである・・・
onionbe-kon.jpg


ミニミニ食パンケースを使い、
オニオン&ベーコンパンを作りました。

オニオン入りの生地は、甘みと独特の風味が出るので
gouのお気に入りです。

成形はワンローフ・編みこみ・二つ山と、その時の気分で・・・

焼成前にエダムチーズやマヨネーズをトッピングしています。
syouron.jpg


小龍包を作ってみました~
皮が非常に薄いので、細かいヒダを作りながら包むのは
結構難しいのです(汗)

蒸したてを香酢に付け、フーフーしながら口に運ぶと・・・
中から「ジュワー」っと溢れ出るスープ!!

最高なんですよぉ~
kare-.jpg

久々に作るカレーパン・・・

あつあつでサクサクウマウマーですよー
pankona.jpg


日本から持参した、パン専用粉を使い果たしてしまったので、
上海で初めて強力粉を購入し、食パンを焼く。

あれれ~?
何故か粉の色がくすんでいる・・・
どうやらライ麦の入った強力粉を買ってきてしまったようだ。
食パンの高さも出ず、食感もボソボソ。

これは粉もイマイチって事らしい~

ふぅ・・・疲れるわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。