パンからの贈り物 in Shanghai

  上海でのパン作り、日々格闘中・・・ 中国料理もタマに有り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


すっかり忘れていた「鏡開き」
日本に住んでいた頃は忘れなかったのに~(汗)
「お汁粉」も捨てがたいけど、今年の気分は「揚げおかき」♪
慌てて分解作業決行~でっす☆

お世話になった鏡餅ちゃん。(画像はクリックすると拡大します)
イイ感じに乾燥カラカラになってるよ~
age.jpg


金槌での分解を試みるが、階下の人にとっては
堪ったもんじゃないだろうと思い、自分の手でポリポリ。(指痛)
age2.jpg


油でじっくり揚げてるところ。
プシューって弾けるのが面白いよね。
age4.jpg


熱々の揚げたてに塩を振って食べるもよし、醤油をしみ込ませるのもよし。。。
写真手前が塩。後ろが醤油~
うーむ、どっちもカラッとサクサクでおいしー。
日本茶と実に合うお味だぁ♡

さ、オットが帰ってくる前に証拠隠滅しときますか。(^^ゞ



急に入用になって、夜中に焼いた「かすていりゃ」
虚ろな作業だったので、材料1つ入れ忘れ!!超ショック(涙)
ka2.jpg

恒例の空飛ぶシリーズ。
お題は「上海の怪しい夜に吸い込まれていく~かすていりゃ。お前もか・・」(爆爆)


Bannar ←↓参加してます。ポチッとクリックしてくれると嬉しいデス(^^)v

Bannar
スポンサーサイト
dankasu-5.jpg


朝晩はモトより、日中も寒くなってきた上海でっす。
街中では「焼き芋」のにほいにそそられる日々~♪

さてさて、本日はカステラの自由研究?!を執り行いました(爆)
いつもは専用の木枠を用いて焼き上げているのですが、
「~が無いから出来ないのぉぉワタクシ。」という、上海で身に着けてしまった(?)
感じ悪悪な(^^;言い訳癖を払拭いたしたく、ちょこっとチャレンジしてみました。
木枠が無くてもカステラって出来るんじゃないの~?!と・・・
そこでピンときたのが
この「ダンボールちゃん」(クリックで拡大)
dankasu1.jpg


カッターで切り込みを入れ箱を作成。
(本来は側面に専用用紙を使用するところ、新聞紙で代用)
dankasu2.jpg


カステラ生地をダンボールに流し入れ
「泡きり」作業開始~☆
dankasu3.jpg


あらっ?!出来ちゃったぁ~!!
高さもバッチリでいい感じ☆
dankasu4.jpg


あいやー
今後は「言い訳」の逃げ道が無くなっちゃうじゃないのぉー?!
牛乳パックで作るモノより、数段綺麗な焼き上がり~満足♪
っていうか、特許取ろうかしらん?なんちて(爆)

Bannar ←はコチラ。

Bannar


日本はお盆の帰省ラッシュが始まっている頃でしょうか?
上海では日本のようなお盆休み等は無いので、至って通常生活でっす。

しかしながら、この時期無性に食べたくなるのが「お団子」
日本では美味しいお団子が沢山売っていたので、不自由しなかったなぁ・・・
上海にもある事はあるけど、アノ美味しさとは程遠い~
団子大好きだった亡き父を偲び、こりゃ作らねば!と・・・

餡子は先日作成済み。
後は日本のような上新粉探し・・・
あった、あったよぉ~それらしき品(クリックで拡大)
dango1.jpg

でもね、この粉100%で捏ね、40分蒸して再び捏ねようとしたら、
こんなカチンコチンになっちゃってて全く手に負えないっ(汗)
日本の上新粉であればこんな事にならないハズ・・・
danndo2.jpg

チッ!仕方なく、再度作り直しとする
今度は日本の白玉粉のような粉(糯米粉)と50%づつ使用してみた。
すると、まぁ~綺麗にやわらかくまとまったわよん!
dando3.jpg

生地を棒状に伸ばしカットしていく。
dango4.jpg

串に刺しフライパン(網)で焼き目を付ける。
dango5.jpg

日本の感覚が通用しないのは、「上新粉」お前もかっ!と、
またまたムカついてはしまいましたが、食べてみるとウマウマーだったので、
今回も許すとしときましょ。(爆)

あれれー
亡き父にお供えするハズだったのに、オットも相当パクつき、
気付いたら「みたらし団子」1本しか残ってなかったよぉぉお~

父上様、相変わらずこんな親不孝娘でゴメンナサイ。
ま、元気でやってますから引き続き見守っててちょ!


↓覚え書きのレシピはこちら~♪
kasutera

今日は暑いながらも「風」に助けられ、過ごしやすかった上海です。

「かすていりゃ」ちょっと食べたくなったので、久々作りました。
あまりにご無沙汰過ぎて段取りが最悪でしたけど(汗)

かすていりゃの主な材料は「小麦・卵・砂糖・水あめ・はちみつ」です。
先ず初めに、卵を割りましょ~♪と、その時、悲劇は起きました・・・
6個目を割った時点で、無残にも腐り卵がっ
物凄い異臭を放ったクサクサ卵がっ・・・
写真の崩れた卵が証拠品ざんす!
こちらでは、買った次の日でも平気で腐ってたりするんですよー(怒)
注意を怠った自分にも腹が立ちましたが、キッチンで一人しばらく固まってましたね(泣)
kasuterakusaritamago

ムカつきながらも近所のローカルスーパーへ・・・チッ。
卵コーナーを物色していると、何と「鳥骨鶏卵」を発見!
えぇぇ?これって日本で1個400円とかするヤツ?本当かなぁ?
値段は10ヶ入り7.6元(約100円)
ラベルには日本と同様良さげな事を書いていたので、満更偽者でも無さそう・・・
kasuteratamago

さぁ、気を取り直して鳥骨鶏卵で「かすていりゃ」作成~
鳥骨鶏卵の泡立ちも立派でござんした!焼き上がりはこんな感じ♪
kasuteradekiagari

宮内庁御用達「五三カステラ」には負けるけど、鳥骨鶏卵10個も使った「かすていりゃ」
この地では最高に贅沢な一品よん

ま、災い転じて何とやら~でしたけどね!
これも中国って事で許してあげましょかー


人気blogランキングはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。